2005年01月07日

世界一簡単な英語の本

ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本

少し前にベストセラーになった書籍。
これから英語学習を始めようという人、英語が大の苦手で長い英文を見るのすら嫌、といった人向けに書かれた本。英語学習の取っ掛かりを探るヒントになるかもしれませんね。

こういう人におすすめ

・英語が苦手な人
・どうやったら英語が上達するのか迷っている人

レビュー(by Amazon.co.jp)

英会話を習ってみたけど、思うように上達しない。どうしても英文法にしり込みしてしまう。ちょっと長い文になると何が何だかわからない。――そんな挫折経験をもつ多くの人を「やっとわかった!」と喜ばせたベストセラーがこの本だ。ブルーベリーパイが好物の太ったネコという、楽しい設定が人気を呼んだことは間違いない。だが最大の特徴は、あくまでも「読む」ことに着目して、英語の仕組みを教えている点にある。わかりやすさへのこだわりは、文法用語を使わない説明はもちろん、イラストやデザインの細部にもうかがえる。
読んだ蓄積があってこそ、言葉が身につく。聞き取れないのは発音や話す速度のせいではなく、相手の言っている文を見たことがないから。だから英語を読もう。最初の1冊を選び、読み始めるまでの手伝いをしますよ。そうこの本は呼びかける。巻末には、英語のおすすめ書籍がリストアップされている。

「文のどこに注目して、どこが重要で、どこはおまけなのか、それを見分ける程度の知識」を身につけることがねらいであり、「この本を読んだからといって、すぐに英語ができるというものではありません。」とこの本は名言している。「わからない部分はあって当然」という割りきりも好ましい。

英語は自分に合った方法で勉強すればよい。でもそれがわからなくて苦労している人は、この本を手にとってみてはどうだろう。英語理解へのヒントが、すっきり見えるかもしれない。

目次

練習編1(基本形
付録
箱と矢印)
練習編2(化粧品と化粧文
区切り
イコール文
カスタムアレンジ)
実践編(文を読む
パラグラフを読む
物語を読む)
応用編(特別な化粧品
接着剤)
posted by すきるあっぷ at 23:38 | TrackBack(0) | 英語学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1513378

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。